手汗手術する前にちょっと待ってほしい!!

手汗が酷すぎて、手術を考えていませんか?

 

 

確かに手術をすれば、手汗は気にならなくなりますが、リスクを考えると本当に正しい選択とは言えません。

 

 

手術をして後悔しないようによく読んでみてくだいね!

 

 

手汗手術をするとどうなるのか?

 

 

手汗手術をすれば、手汗は気にならなくなると言われています。

 

 

確かに、これだけ聞けば今のあなたにとっては夢のような情報かもしれません。

 

 

しかし、手術はメリットの他にデメリットも存在します。

 

 

デメリットその1 高い

 

手術費は保険が適用されますが、少なくても13万〜15万近くはかかります。

 

 

世の中には手汗用の制汗剤がありますが、私のオススメの制汗剤でも約4000円しかかかりませn。

 

 

お金の無駄とは言いませんが、余ったお金でおしゃれなどに使った方がよっぽど良いと思っちゃいます。

 

 

デメリットその2 副作用

 

手汗の手術には副作用がありますが、なんといってもこれが一番恐ろしいと思っています。

 

 

副作用をざっと挙げるとこんなのがあります。

 

  • 他の箇所の汗が多くなる
  • 体の体温があがり、だるくなってしまう
  • 精神が不安定になる

 

大事なことなので、しっかり説明していきます。

 

 

まず、他の箇所の汗が多くなるということですが、胸や背中などといった大腿部の汗が多くなります。

 

 

それも、90%ぐらいの人がそうなっています。

 

 

手汗で悩んでいるのに、次は背中や胸の汗に悩むことになります。

 

 

服によっては手汗よりも目立つことになるので、余計辛くなってしまう可能性があります。

 

 

次に体の体温が上がってしまうということですが、手汗の手術をすると他の箇所の汗も同時に少なくなります。

 

 

「え?さっきは多くなるって…」と思った方もいると思いますが、手汗の手術によって手の他に脇や首などの汗が少なくなりますが、その少なくなった分背中や胸から汗が出てしまいます。

 

 

汗の出る量は変わらないので、分散されていたものが集中して出てしまうことになります。

 

 

話を戻しますが、汗は体を冷やす効果があるのでそれが遮られると体に熱を持ってしまいます。

 

 

当たり前ですが、熱を帯びていると体がだるくなりますよね。

 

 

これが今後ずっと続くと思うと、、、恐ろしいですよね。

 

 

精神が不安定になるというのは、上記の2つのことが実際に自分の身に起こると精神的に辛く日々後悔してしまうことになりかねないということです。

 

 

実際に手汗手術をして後悔した人の声明文などがありました。

 

 

そうならないように、勢いに任せるのではなくよく考えてください。

 

 

手術以外にも手汗を抑える方法はあるので、気になる方は他の記事も読んでみてください!

 

これって危険?フレナーラに副作用ってあるの!?

 

フレナーラのレビューは最悪!?購入前に知っておきたい事実