フレナーラを使ったら手が痒くなった!?使う前に知りたいこと!

フレナーラを利用していると、ときどき手が痒くなったという報告を見ます。

 

 

もちろん目的は手汗をなくすことですが、手が荒れてしまったら意味がないですよね…
(見た目的にもよくありませんし)

 

 

ということで、今回はフレナーラの痒みの原因と、どのくらいの痒みが見られるのか?

 

 

そして痒みが出た場合どうしたらいいのか解説していきたいと思います。

 

 

 

フレナーラの痒みの原因は?

 

フレナーラはクロルヒドロキシアルミニウムという成分を使用しています。

 

 

じゃあこれが痒みの原因なの?となりますが、「はい」その通りです!

 

 

しかし、クロルヒドロキシアルミニウムは塩化アルミニウム等の代わりにフレナーラでは使用されています。

 

 

もっとかみ砕いていえば、ほかの制汗剤よりも低刺激で肌に比較的優しい成分を使っているんです!

 

 

だから、一応痒みの原因ではあるものの、ほかの製品よりはマシという結論というところでしょうか?

 

 

 

どのくらいの痒みなの?

 

 

まず、割合的な話になりますが、詳しい数字を出すことは出来ませんが、あくまで私の感覚で1割以下だと思います。

 

 

口コミではどうしても悪口コメントというのが目立ってしまいますが、満足度や使っている人数からして痒みが出る人は結構少数派です。

 

 

次に、痒みの程度についてですが、これも基本的にちょっと痒みが出たな…ぐらいの人がほとんどという印象を受けました。

 

 

痒くて痒くてヤバい!!なんてコメントは今のところ見てはいないので、そこら辺は安心しても良いのかなと思います。

 

 

 

痒みが出たときの対処法

 

 

痒みが出た場合は、すみやかに使用を中止し、できれば病院などに行くのが適切なのですが、使っているうちに痒みが気にならなくなったという人もいるようです。

 

 

もちろん、痒みが出ているのに使用するというのは推奨はできませんが…

 

 

私としては痒みが出た場合は使用を中止し、様子を見る。

 

 

そして、痒みがすぐに収まるようであれば少しずつ手に慣らしていきます。

 

 

逆に、痒みがなかなか引かない場合は病院へ直行!って感じですね。

 

 

何度も警告しますが、手汗を1秒でも早く治したいからと言って、無理はしないでください。

 

 

焦る気持ちを抑えて、少しずつ手汗が気にならない手にしていきましょう!

 

併せてどうぞ↓